HOME > 施設概要

中部リハビリテーションセンターとは

中部リハビリテーションセンターの基本理念

中部リハビリテーションセンターは、生活上何らかの障がいがある方やその御家族が住み慣れた地域でいきいきと暮らし続けていくことを支援するため、川崎市が設置した施設です。

センターは、井田障害者センター(障害者更生相談所分室・精神保健福祉センター分室、在宅支援室)、井田日中活動センター、井田地域生活支援センターの3つの部門で構成され、各センターの連携により障がい種別・原因疾患を問わず、障がいのあるすべての方にリハビリテーションの理念に基づいた専門的かつ総合的な支援を行います。
 

在宅支援室とは

在宅支援室は井田障害者センターの一部として障害者更生相談所・精神保健福祉センター分室と連携して相談事業、在宅リハビリテーション事業などを行っています。

 詳しいサービス内容はこちら

 

対象者

主に中原区、高津区、宮前区にお住まいの障がいのある方を対象としています。
障がい種別や程度、原因疾患、年齢は問いません。

支援の流れ

 専門職が実際の生活の場にお伺いし、リハビリテーション評価を行い、支援計画に沿ってサービスを提供します。

詳しい支援の流れはこちら

スタッフ

 リハビリテーション専門医、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、社会福祉士、保健師が在籍しています。

運営主体

 在宅支援室は川崎市指定管理事業として下記の民間事業所が運営しています。

     ・指定管理事業者
          有限会社 訪問看護リハビリテーションネットワーク

詳しくはこちら